水のトラブルの原因と水道業者との関わり方

水のトラブルの原因と水道業者との関わり方 飲料用をはじめとして風呂に洗濯にと、人が生活していくために水は切っても切れない関係にあります。常に水に囲まれて過ごしているからこそ、水のトラブルへの直面は残念ながら回避できません。そして水のトラブルは、こちらの状況にお構いなしに不意に起こるケースが多いという点が非常に厄介です。中にはプロの技術に頼らなければどうしようもない場合も少なくありませんので、そのときは水道業者にお願いすることになります。しかし業者の選び方を失敗すると、対応への不満が残ったり業者とのトラブルに発展したりする恐れがありますので慎重に探していくのが大切です。まずはどのような原因で水のトラブルが発生するかを理解し、その状況においてどのような業者を選ぶのが最善の方法なのかを調べて確認しておきましょう。

■部品や機器そのものの寿命

食べ物に賞味期限があるのと同じように、水まわりのあらゆる部品や機器にも耐久年数があります。新築なら全てが新品なので問題ありませんが、賃貸住宅に住んでいるならあらかじめ築年数や水まわりの設置時期を調べておくのがよいでしょう。水まわりの多くは10年が目安と言われていますので、時期が近づいてきたら交換が必要になるのだと念頭に置いておきます。不具合が特になくても経年劣化が予測されてそろそろ何か起きそうだと感じるなら、トラブルが発生する前に水道業者に点検を依頼するのもおすすめです。後始末に手間がかかる水のトラブルは未然に回避できることが一番良いので、放っておいて手遅れになる前に業者の選択や定期点検などで先手を打っておけば日々の生活を安心して過ごせます。

■使用頻度にも着目
水道は使えば使うほど部品が摩耗していったり汚れがだんだんと溜まったりして、耐久年数に関わらず水漏れや詰まりの原因となることがあります。特に汚れの場合は、日常的に自力でお手入れできる箇所もあれば不可能な部分もありますのである程度の諦めは必要です。自分では手の施しようがないパイプや排水管の清掃などは水道業者に委託するという選択肢もあります。きれいに保って少しでも長く使おうという姿勢は全てのものに共通して大切ですし、常に目を配っていれば些細な変化にも気がつきやすく大きなトラブルを防げます。面倒なことが起きてからようやく動き始めて対処するのではなく、そうなる前に普段から注意しておくように意識を変えていきましょう。

■環境の状況次第で起こるトラブル

地域によっては、気温などの環境に影響を受けて水まわりの修理が必要になる場合もあります。特に寒冷地では、水道管の凍結や破裂などの冬期の気温によるトラブルに毎年と言っていいほど遭遇します。水道業者の中には、凍結した水道管の解氷や給水管の保護というような寒冷地の状況に対応したサービスを提供しているところがあります。さらに屋外の作業をする際に、必要に応じて除雪も引き受けてくれたりするところもあります。除雪費用がかかることが前提となることが多いですが、困ったときに遠慮なく相談できる業者があるとスムーズです。その他にも塩害による給湯器の劣化や雨の多い時期のトイレの詰まりなどの環境によって引き起こされるトラブルは、業者に対処してもらうのが最もスピーディーです。

■まとめ
水のトラブルの原因は様々なところに潜んでいますので、気をつけていても全てを予防できるわけではありません。さらにトイレに大きな物を落として詰まらせてしまったというように、自己の過失が原因のケースも予想されます。ですからいつ何が起こってもおかしくないという危機感を心の片隅に留めておき、信頼して何でも任せられる水道業者の目星をつけておきましょう。もし何かあっても大丈夫だという安心感を得られますし、突然の事態にも落ち着いて対処できます。保険に入るような気持ちで、いざというときにどこの業者に頼むかをあらかじめ決めておきましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース